●追求三昧 by 百瀬直也● - 超常現象研究家・地震前兆研究家が何でも追求するブログ

超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター、「探求三昧」ブロガーの百瀬直也が世に隠された事項を深く追求する第二のブログです。

- 真実を得たいから、知らせたいから、はてない追求@はてなブログ -

 

HOME BLOG1 LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE  


「保育園落ちた日本死ね」→ネットで稼げば?~幼児がいても老後でも誰でもできる

久々のブログ更新です。
さっき派遣の仕事をしていて、パッと思いついたことを記事にします。


「保育園落ちた日本死ね」って、話題になったでしょう。
保育園が足りないというのは、いまの日本で本当に切実な問題ですよね。

家計が苦しい→働きたい→でも保育園入れない→家系が苦しい


無限ループだ。


でも、「ネットで稼ぐ」という手があるではないですか。
ブロガー、ユーチューバー、アフィリエイト、ネットショップ、etc。


f:id:nmomose:20160606225302j:plain

「ネットの仕事」ならば乳幼児のママさんでも

20年前は考えられなかったビジネスが、いまは普通の主婦でもやっている。
このように家で仕事をすれば、赤ちゃんや幼児がいても何とかなりますね。


特に、私がやっているような、「ブロガー」を仕事とする。
これならば、先行投資は、ほぼ0円で済みます。


私はいま、ライター+ブロガーを仕事としているけれど、傍らで派遣の仕事もしています。
やっぱり一家5人を養うには、それなりの収入が必要です。


私は、以前は2004年から10年間ほど「はてなダイアリー」の有料版(月々280円位)を利用していました。
この『追求三昧』ブログではなく、本家の『探求三昧』ブログの話です。
その後、2014年4月に、収入を増やしたくて、「プロブロガー」への第一歩を踏み出した。
はてなダイアリー」から、本格的なブログサービスである「はてなブログ」プロ版(月々1000円位)へ乗り換えた。


毎月1000円払わなければいけないので、かなりの決断が必要でした。
でも、広告などの収益で、すぐに元は取れるようになった。
変えて良かったと思います。


今では、もう少しで派遣の仕事をやめて、専業ライター+ブロガーへの道を踏み出す日も近いといったところ。
それまでは、ブログのマネタイズ(収益化)にまったく無頓着だったのが、いろいろ検討するようになった。

「ブロガー」になるには何が必要か?

やっぱりブログは、何もなくても始められて、いちばん手っ取り早いマネタイズの方法だと思います。
でも、ただブログを書いても、訪問者をある程度呼び込まないと、収益化は望めない。


集客力があるブログを始めるのに、必須な作業としては…

  1. 収益化が可能なブログサービスを選定する。
  2. 毎日ブログを書く。
  3. ブログの存在をPRし集客力を強化する。
  4. 収益アップのために広告などの調整をする。


やはり収益化のためには、ある程度訪問者を集めなければいけない。
私の場合、2004年にブログを始めて、12年ほどの間に自然と集まるようになっていった。
でも、普通の人は12年も待てませんよね。
今はSNSFacebook、LINE、etc)などがあって、横の繋がりで人を集めることも大切です。
また、ブログ村のランキングに参加したりしても、アクセス数は改善できるかもしれません。


この『追求三昧』ブログは、『探求三昧』の姉妹ブログとして始めてまだ日が浅く、まだブログ村も参加していません。


ブログの他にも、アフィリエイトやオンラインショップをやるのも良いでしょう。
私は、そちらの方は本格的にやっていないけれど。
また、レンタルサーバーを借りて、WordPressなどをインストールしてブログやWebサイトを構築する手もある。
その辺になると、ちょっとITの知識が必要になってきますが。


私は今年で還暦を迎えましたが、タイ人の家内が23歳下で、下の子供がまだ2歳なので、あと20年ほど働かなければいけない。
80歳頃には通常の労働は難しいけれど、ブログなどでネット上で利益を得るには、年齢はあまり関係ない。
認知症にさえならなければ、なんとかなる。
そういう利点があるのです。


ブログで広告を出して収益を得るといっても、何をどうすればいいかわからないという人もいるかもしれません。
私は25年ほどSE(ソフトウエアエンジニア)としてソフトウエア開発に携わってきました。
上記のような初心者の方々には、コンサルティング的なこともやっているので、お手伝いすることも可能です。
報酬は話し合いで決めるシステムで、最低限ラインしかもらいません。


日本死ね」と言う前に、ここで書いた可能性を検討してみては?という話でした。


最後に、ご参考までに。
有名ブロガーのイケダハヤト氏が、PV(アクセス数)がどれだけあればどれくらいの収入を得られるかを表にまとめています。


www.ikedahayato.com


武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

Copyright (C) 2004-2014 Naoya Momose. All Rights Reserved.