●追求三昧 by 百瀬直也● - 超常現象研究家・地震前兆研究家が何でも追求するブログ

超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター、「探求三昧」ブロガーの百瀬直也が世に隠された事項を深く追求する第二のブログです。

- 真実を得たいから、知らせたいから、はてない追求@はてなブログ -

 

HOME BLOG1 LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE  


安保法案を食い止めるには、国会前デモよりも「落選運動」を!

7月16日に、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案(以下、安保法案)が衆議院を通過した。
日本で戦争を可能にさせるための戦争法案(安保法案)に反対する人々にとって、法案の通過を参議院で食い止めるには、どうすれば良いか?


デモはいくらやっても効果がないというか、自民党にとっては痛くも痒くもないらしい。
テレビなどのマスコミでも、報道してくれないところも多い。
国民にアピールする目的でもあるデモが、じつは国民に届かないのだ。


では、もう絶望的なのだろうか。
「そんなことはありません。今からでも安保法案を覆(くつがえ)す方法はあります」
そう力強く語るのが、農林水産大臣秘書官の経歴を持つ政治評論家、池田和隆氏だ。


池田氏によると、「国会前で何千人、何万人の人が騒いでも結果は変わりません」という。
では、どうすれば良いのか?
国会議員にとって、この世で最も重要なことは選挙に当選することです。」
「自分の地元で選挙に関する“名目”で集会があったら、それは気になってしょうがない。永田町の50万人デモよりSNSなどを使って地元の公園に自分を批判する50人が集まるほうがはるかに恐ろしいのです」


なるほど、個々の議員の地元でプレッシャーをかけることか。
池田氏の意見の詳細は下記に。


wpb.shueisha.co.jp

デモよりも落選運動を!

参院には、来年7月に改選を控えた議員が半分いる。
彼らを落選させる運動をすれば、痛くも痒くもないどころではなくなる。
議員生命の危機に瀕することになる。


弁護士の渡辺輝人氏は、参議院を通さないためには、デモよりも「落選運動」が効果的だという。
総務省は、落選運動は「選挙運動」にはあたらないという見解を示している。


個々の与党議員を狙い撃ちにして、「憲法違反をやってみろ。次の選挙で目は無いぞ」と脅しをかけるわけだ。
だが、この「脅し」は選挙法には一切抵触せず、合法的な活動となる。


詳細は下記に。wpb.shueisha.co.jp


戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

すぐにわかる 戦争法=安保法制ってなに?

すぐにわかる 戦争法=安保法制ってなに?

検証・安保法案 -- どこが憲法違反か

検証・安保法案 -- どこが憲法違反か

Copyright (C) 2004-2014 Naoya Momose. All Rights Reserved.